3×3とは

3×3(スリーエックススリー)

ストリートバスケットボールなどで普及している3人制バスケットボールの一形態である、3on3から生まれたスポーツ。3on3と3×3を呼び方が違うだけで中身は同じと捉えている人も多いが、実はルールが違う。

3×3はFIBA(国際バスケットボール連盟)が国際競技連盟として推進しているスポーツ競技である。2020年東京オリンピックでは、正式種目として採用される。別名、スリーバイスリー。スリーオンスリー≠スリーエックススリーだが、スリーエックススリー=スリーバイスリー(スリーバイ)である。

ルール

・コートは5人制の約半分

・1チーム3人でプレー(控え選手1人)

・1試合10分または21点先取

・ボールサイズは6号球、重さは7号球

・ショットクロック(シュートを打つまでの制限時間)は12秒

・チームファウル制限は6回、7回目以降のファウルで相手にフリースロー

・半円のラインの外側からのシュートは2点、内側からのシュートは1点

・攻守交代したらボールを1度、半円のラインの外に出さなければならない

 

3×3.EXE

FIBAのJBA(国内競技連盟日本バスケットボール協会)公認の、日本における3×3のトップリーグ。

FIBA 3×3ワールドカップ・FIBA 3×3 U23ワールドカップ・FIBA 3×3 U18ワールドカップ

FIBA主催の大会。

FIBA 3×3ワールドツアー